« 的へ向かって飛ぶ矢の清々しさ | Main | 人間関係模様 »

September 07, 2010

天国・地獄はカルマ(業)が生み出す幻

天国や地獄は、行くのではない。自分と云うカルマ(業:即ち巨大な印象気分の集合体)が生み出すものに過ぎない。先日の住職の言葉が、想い出される。

天国を表すか、地獄を表すかは、自分の印象・気分しだい。自分とは、巨大な印象・気分の集合体。

エゴを捨てて行くのが修業。エゴを捨てれば、印象・気分を取り除けば、永遠にして、安らいでいる世界がある。

修業は、獲得するものではない。ただ、捨てて、捨てて行く過程が修業。

得るのではない、ただ捨てて、身軽になって行き、己の仏性に近付く。

|

« 的へ向かって飛ぶ矢の清々しさ | Main | 人間関係模様 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 的へ向かって飛ぶ矢の清々しさ | Main | 人間関係模様 »