« "心の世界遺産" | Main | 的へ向かって飛ぶ矢の清々しさ »

September 05, 2010

2チャンネルの世界観、一元論と二元論

善悪・得失是非・好き嫌いなど、は人間が、5感6識で生きてる以上は当たり前の感覚であり、それで好い。

人間も、どれだけ修業しても、美味しいものは美味しく感じ、5感6識で動物的感覚で生きることは、逃れられない人間の定めでもある。

だが、それは、世俗的な、動物レベルの世界観のチャンネルと思えば好い。

それとは、全く違う世界の存在を垣間見る力、それが一元論世界。陰陽をセット一体として見る力、プラス・マイナスをセット・一体として見る力。様々な波を、大海として同じに見れる力。それは、安らぎの世界。大安心の世界。

一元論的世界観と二元論的世界観は、世界観・人生観のチャンネルの切り替えで、見える世界。

苦しい時、逆境の時、悲しみの時は、一元論が、私を救ってくれ、私に安らぎを与えてくれる。


|

« "心の世界遺産" | Main | 的へ向かって飛ぶ矢の清々しさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "心の世界遺産" | Main | 的へ向かって飛ぶ矢の清々しさ »