« 面白い遺伝子論 | Main | 保土ヶ谷宿、湘南台・歌声喫茶、竹芝桟橋 »

September 25, 2010

一人二役の様に、「 1人65億人役」

昨日、通勤途上、下りの坂道を、赤いランドセルを背負って走り去る小学生の女の子に出遭った。

その次に、坂道を自転車を降りて押して上がって来る、おばさんと出遭った。

この2人は、全く別人ではなく、実は同じ人が、同時進行で、小学生やおばさんの役をやっているのではないかと思った。

「実は、私自身の姿を、私が見る色んな人の姿(役者振り)で、見ているのではないか? 」、一人二役の様に、1人65億人(地球上の総人口)役を私がやっているのではないか。

人間は60兆の細胞の集合体、死に往く細胞、産まれたばかりの細胞、全て私ではないか。

宇宙の意思を、それぞれの人が表していて、私も、身体も心も、宇宙の意思の一部を表している。私も、65億人と一緒に、宇宙の意思を表現している存在。

1人65億人役。全てが私。「自他一如」の世界。

|

« 面白い遺伝子論 | Main | 保土ヶ谷宿、湘南台・歌声喫茶、竹芝桟橋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 面白い遺伝子論 | Main | 保土ヶ谷宿、湘南台・歌声喫茶、竹芝桟橋 »