« 地獄極楽、輪廻転生 | Main | 病室からの電話の想い出 »

August 26, 2010

政治家の心配な失言の怪

昨日の日経夕刊に、小沢氏、「米国人好きだが単細胞」"とあり、びっくりした。

読み進むと、25日午前の自ら主催する小沢一郎政治塾での講演での発言と云う。

「米国は何でそんなに単純なのか?」「米国人を利口と思っていない」「私は、英国人を好きではない」など、信じられない発言が続いていた。

政治家として、他国の国民全体を評する発言としては、余りにも、単純で、思い切った、失礼な発言に唖然とした。

個人的体験・印象と、国民全体の評価は、分けて考えないと、冷静な人だとは思えない。大変心配な発言に感じた。


|

« 地獄極楽、輪廻転生 | Main | 病室からの電話の想い出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地獄極楽、輪廻転生 | Main | 病室からの電話の想い出 »