« 映画、「樺太1945年夏、氷雪の門」 | Main | 商社マンから見た私の像、アラブ駐在の頃 »

August 05, 2010

通勤途上に蝉5匹確保、蝉取り名人本領発揮

昨日、朝9時頃、通勤途上、神谷町の会社への道の街路樹に、沢山の蝉が鳴いていた。余りにも木々の低い位置で鳴いていたので、手で、ドンドン捕まえてみた。

蝉を捕まえるのは、私の本能のように思えて、ドキドキするくらい楽しかった。

ミンミン蝉3匹、アブラ蝉1匹、ちーちー蝉1匹、合計5匹を、立て続けに確保して、またすぐ、解放。子供の時に感じた蝉の感触を、確かめて、会社には持っていけないから、すぐ解放した。

1週間の命だから、頑張って鳴けよと、激励して釈放。

以前、会社に持って行ったら、アラブ人も会社の女性も、蝉を余り歓迎しなかった。私は、箱へ入れて、また暫くして、解放せざるを得なかった。アラブ人にとっては、蜂(ハチ)の親玉のように見えるらしい。

蝉の声も、日本に来て最初、至ところで電線がショートしてるのじゃないかと思ったと云うので傑作。

通勤途上、サラリーマン・OLがゾロゾロ歩く中で、私は数分、童心に返って、蝉取りに興じた。

|

« 映画、「樺太1945年夏、氷雪の門」 | Main | 商社マンから見た私の像、アラブ駐在の頃 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 映画、「樺太1945年夏、氷雪の門」 | Main | 商社マンから見た私の像、アラブ駐在の頃 »