« 己とは厄介なもの、修業の度合いを計る物差しか | Main | 子供の世界、科学技術博物館のロマン »

July 25, 2010

顕微鏡で見るミジンコの啓示

アルトサックス奏者の坂田明さんの、「音楽とミジンコの不思議な関係」と云う面白い演題の講演を、円覚寺で昨日の朝、聴いた。

顕微鏡の中に、透けて見える、ミジンコの可愛らしい生命の営みに、坂田明氏は、自分の印象を色々解説してくれた。

「私が知っていることと、人間としての私には、150億光年の差がある」、彼は生命の営みへの畏敬を、こう表現した。

彼は、コップの中の小さなミジンコの背後に、無限大の存在が見えると云った。


|

« 己とは厄介なもの、修業の度合いを計る物差しか | Main | 子供の世界、科学技術博物館のロマン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 己とは厄介なもの、修業の度合いを計る物差しか | Main | 子供の世界、科学技術博物館のロマン »