« 顕微鏡で見るミジンコの啓示 | Main | 他策無かりしの人生か? »

July 26, 2010

子供の世界、科学技術博物館のロマン

昨日は、午前中、円覚寺の夏季講座最終日を終え、午後は、竹橋の科学技術博物館へ直行した。

サイクリングクラブの行事で、自転車の科学技術的展示を見学した。懐かしい、昔の自転車にも出会えた。欧州で、初期の自転車は、ただ、子供の手押し車のような簡単な輪だけの構造で、足で蹴って進む、可愛いおもちゃのような自転車だったのには思わず笑った。

顕微鏡で、自分の手の細胞を見るとか、宇宙のスライド、天然ガスのコーナー、など、小中学生も沢山見学していた。

私は、帰りに、記念に、科学キャラクター図鑑「生物学」を買った。

鳥類のコーナーの驚き、
最高度を飛ぶ鳥:マダラハゲワシ、約1万1000メートル
世界最小の鳥:マメハチドリ、全長5センチ
世界最速の鳥:ケワタガモ、時速76キロ

チーチー蝉の声を聴き、穏かな、子供時代の夏休みを想い出した。

|

« 顕微鏡で見るミジンコの啓示 | Main | 他策無かりしの人生か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 顕微鏡で見るミジンコの啓示 | Main | 他策無かりしの人生か? »