« 「長男」、そして孤独化して行く親を見る時の辛さ | Main | 残像の惑わし、そして宇宙の理 »

July 03, 2010

次の幸せまでのインターバル?

今は、次の幸せまでのインターバル?、 今は、次の不幸までのインターバル?そう考えて、リラックスしたり、身構えたりする。

どちらとも、とれるような今。インターバルには違いない。どちらかに向かっている。

沢山の矢印が、沢山の方向に向いていて、どの矢印を見るか、気が散ってしまうほどおびただしい数。

その中でも、私がどの矢印に注目するかで、世界が単純化されて、見易くなる。

幸も不幸も自分の脳のネーミングの産物。ただ、作用と反作用、開(かい)と合(ごう)を繰り返すエネルギーがあるのみ。どんなに激しい動きに見えても、それは穏かな調和を求める動きには違いない。

|

« 「長男」、そして孤独化して行く親を見る時の辛さ | Main | 残像の惑わし、そして宇宙の理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「長男」、そして孤独化して行く親を見る時の辛さ | Main | 残像の惑わし、そして宇宙の理 »