« 私が、私に出遭う旅 | Main | 「吹き矢」の想い出 »

June 02, 2010

マイナス43℃、シンガポール上空

飛行機の中では、高度・スピード・外気温度・目的地までの距離など、映像デイスプレイで見れるようになっているが、赤道直下のシンガポールまじかの上空でも、高度1万メートルでは、マイナス43℃くらいであることを知り、改めて驚いた。

高度が高くなれば、気温が下がることはわかっているが、あの暑いシンガポールでも、上空はマイナス何十度と云う寒さなんだと思うと、面白く感じた。

ソ連の宇宙飛行士・ガガーリン少佐は、「地球は、青かった」と云う言葉を残した。

宇宙から見ると、地球は水の惑星。僅かの陸地の上に、這うように生きてる人間。そして、丁度、人間が生きていける温度帯に、生きているんだなーと思う。

私も、「自然のアルバム」の様な番組に出て来る、一匹の生きものと思えば、可笑しく感じられる。

|

« 私が、私に出遭う旅 | Main | 「吹き矢」の想い出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私が、私に出遭う旅 | Main | 「吹き矢」の想い出 »