« 心と身体、"神の館" | Main | マイナス43℃、シンガポール上空 »

June 01, 2010

私が、私に出遭う旅

何でもない日常の些細な出来事に、何でもない日常見かける光景に、何か偉大さを感じることが出来るような瞬間がある。

それは、年を重ねることと、時折の自分との対話で、もたらされる境地ではないかと思う。

「私が、私に出遭う」ような不思議な、穏かな境地。

色んなところを旅して来て、結局、自分は大自然の偉大な一部であったと云う、畏敬と喜びの境地。

「私が、私に出遭う旅」

|

« 心と身体、"神の館" | Main | マイナス43℃、シンガポール上空 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 心と身体、"神の館" | Main | マイナス43℃、シンガポール上空 »