« 食育、ジャズ、坐禅、そして旅 | Main | 食するに値するかと云う自問 »

June 23, 2010

それぞれの、「はやぶさ」の旅

宇宙6億キロを飛び、目指す惑星を探査後、苦難を乗り越え、管制塔からの懸命の操作で、7年振りに無事地球に帰還した、「はやぶさ」のニュースは、感動的であった。

私は、人生も、それぞれの「はやぶさ」の旅だと想う。

管制塔が、見守る両親のような、また神のような存在。何ヶ月も連絡が途絶え、宇宙の屑に消えたかに思えた、傷ついた「はやぶさ」が、再び交信が出来た時の喜び。

管制塔からの、祈るような、指示が通じたのか、「はやぶさ」は幾多の障害・苦難を乗り越え、無事地球へ帰還出来た。

人生も、同じだと想う。管制塔で見守る人達の真剣な顔、顔、顔・・・・・。そのことに気づいて、私は、人生を探査する役目を果たし、無事帰還を目指したい。

人生が究極に目指すものは、導いてくれた、その管制塔の人々の歓声である。

|

« 食育、ジャズ、坐禅、そして旅 | Main | 食するに値するかと云う自問 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 食育、ジャズ、坐禅、そして旅 | Main | 食するに値するかと云う自問 »