« 「車窓のあぜ道」の詩 | Main | 親父ギャグと語学の奇妙な関係 »

June 27, 2010

躁(そう)の人が動かす世界

政治も経済も社会も、やる気の溢れたリーダーが、良きにつけ、悪しきにつけ、動かしているように思う。

活気溢れるリーダーは、何かにとりつかれたかの様に、熱っぽく語る。

熱っぽく過ぎて、リズムが付いて行けず、息苦しささえも感じる時がある。

それは、躁鬱の、躁(そう)状態ではないのかと私は思う。

鬱(うつ)も、躁(そう)も、どちらも、やはり病。

治療、安静を要する人が、意外と世界を動かしている。可笑しな発見。


|

« 「車窓のあぜ道」の詩 | Main | 親父ギャグと語学の奇妙な関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「車窓のあぜ道」の詩 | Main | 親父ギャグと語学の奇妙な関係 »