« 人生の"真打襲名" | Main | 秩父への旅の驚き »

June 06, 2010

少し謝りたい時の英語表現

全面的ではなく、少し謝りたい時の英語表現を考えついた。

「I am 副sorry !」

補佐的に謝る。この微妙なニュアンス。

国際ビジネスマンには必携。

じゃ、自分を卑下して、謝る時は、「I am ヒゲsorry!」。これで、完璧。

|

« 人生の"真打襲名" | Main | 秩父への旅の驚き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生の"真打襲名" | Main | 秩父への旅の驚き »