« 食するに値するかと云う自問 | Main | 「車窓のあぜ道」の詩 »

June 25, 2010

介護的人間関係の怪

身体的には健康な人どうしでも、どちらかの世話ばかりする介護的人間関係は、一方的に負担が大きく、辛いだろうと思う。介護は、一日を、誰かと分担するなり、しないと精神的にも参ってしまう。

仲の好い人間どうしに見えても、介護的人間関係では、安らぎは無いと思う。ぎこちない二人三脚の人間関係は、苦しさに於いては孤独に劣らない。

一人でも、生きて行ける人間どうしで、寄り添って生きて行けたら、それは安らぎ。一人でも二人でも、どちらでも、力強く生きて行けるようになること、それが修業。


|

« 食するに値するかと云う自問 | Main | 「車窓のあぜ道」の詩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 食するに値するかと云う自問 | Main | 「車窓のあぜ道」の詩 »