« 「耳にアイロンをかける」と云う表現 | Main | 心と身体、"神の館" »

May 30, 2010

成田・銀座・市ヶ谷

昨日は、事前に計画した通りに、朝・成田着・AM銀座(高田青治・絵画展)・PM市ヶ谷(三池高校同窓会)とスケジュールを坦々とこなし夜、5日振りに横浜へ帰宅した。

シンガポールで、28日夜、空港出発前、アラブ代表団4人に、"I miss you"と冗談っぽく云われたが、ビジネス世界で、そう云われるのも嬉しく思った。インドネシアの元石油相スブロト氏(元OPEC議長)は、石油の仕事に大切なものは、と問われて、「"政治"と、それから"誠実"」と答えたと云う。

アラブ産油国に勤務する立場と、日本の石油会社出身の立場を、誠実にバランスを取るのが私の仕事の醍醐味のようなものだと思う。

パッと場面は切り替わり、同窓会では、同郷の延命中学校の卒業アルバムを見せて貰って、心は、何処へでも飛んで行くようであった。



|

« 「耳にアイロンをかける」と云う表現 | Main | 心と身体、"神の館" »

Comments

ご無沙汰しています。
出張、絵画展、同窓会と大忙しですね。でも、そんな忙しいことをニコニコしながら楽しまれているご様子が思い浮かびます。

それにしても全国各地で同窓会が行なわれるなんて本当にすごいですね。皆さん母校のことをとても懐かしくまた誇りに思われてるんですね。すばらしいことだと思います。

Posted by: けいじ | May 31, 2010 at 09:27 PM

けいじさん、ニュージランドも色々な驚きがあるでしょうね。子供さん達との時間は、特に素晴らしいひと時でしょう。

ニュージランドの情景を想い浮かべます。

来日の時は、予定お知らせ下さい。

Posted by: life-artist | June 01, 2010 at 07:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「耳にアイロンをかける」と云う表現 | Main | 心と身体、"神の館" »