« 現代に脚色された過去、「全ての歴史は現代史なり」 | Main | 潜在意識は不滅とのこと »

May 27, 2010

牛の処分に感じること

口蹄疫事件で大量の牛が処分されるニュースを聞く度に、人間の傲慢さを想う。

「牛が殺されて可哀想だとか」、「人間に食べられてこそ牛も本望」とかのインタービューを聞く度に、私には、人間の勝手な論理展開だと思う。

牛を食肉用に改良して育てることそのものに、私は残虐性を感じる。日常、牛を食肉用に殺していることと、今回の処分は、残虐性においては変わりないように感じる。

行き過ぎた人間の驕りに対して、時折、自然界は反発する。

食肉用に繁栄することと、大量に口蹄疫で処分されることと、牛にとっては大差無いように思う。

|

« 現代に脚色された過去、「全ての歴史は現代史なり」 | Main | 潜在意識は不滅とのこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 現代に脚色された過去、「全ての歴史は現代史なり」 | Main | 潜在意識は不滅とのこと »