« ゴーギャンが憧れた南太平洋のようなシーン | Main | 増上寺、葬儀参列、そして日常への想い »

May 21, 2010

元寇より深刻な国難だった"白村江"の大敗北

昨日夜は、ニューパラダイム研究会(通称カリスマ会)で、仲津真治さん(元建設省次官)の韓国の歴史研究の講演を聴いた。

そこで、昨日の最大の驚きは、"663年・白村江の戦い"のことであった。日本は有史以来負けたことの無い"神国"と教えられ、太平洋戦争へと突き進んで行った歴史がある。

当時500万~600万人の日本の人口で、百済の支援に約6万人の大軍勢を朝鮮半島に送り、新羅と戦った日本軍が、唐と新羅の挟み撃ちに会い、たった2日間で、歴史に残る大敗北を喫したと云う。その後、日本では、唐の侵略を怖れ、度重なる遷都を繰り返した。また、東国から国防の兵士を九州へ派遣する防人(さきもり)制度発足も、その恐怖の表われであった。

蒙古襲来(元寇)も乗り越え、神に守られた国・日本と云う迷信を作り上げた、帝国主義日本の歴史教育の捏造ぶりと、国民としての歴史への未熟な勘違いを改めて感じた。

"白村江の大敗北"を、大いに歴史で強調したならば、日本人も、もっと、賢く、原爆の悲劇に繋がる戦争も防げたかも知れない。

"大化の改新(645年)"後、18年目に起きた、白村江の大敗北の重大な意義に、想いを新たにした。

|

« ゴーギャンが憧れた南太平洋のようなシーン | Main | 増上寺、葬儀参列、そして日常への想い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゴーギャンが憧れた南太平洋のようなシーン | Main | 増上寺、葬儀参列、そして日常への想い »