« 子供の心を打つ、親の働く姿 | Main | 夏休みの宿題、人生の宿題 »

May 04, 2010

宇宙の意思が、凝固したような存在

全ての生命、物質を、宇宙の意思が、凝固したような存在と私は考えるようになった。

水滴になったと考えても好い。

凝固したものは、形を持つ。それが、個体としてそれぞれに認識する自分と云う存在。

その凝固したものが、もとの拡散した波動になって宇宙いっぱいに広がることが死。死と云っても、単なるエネルギーの形態が変わるだけ。水滴が、また水蒸気化して散らばるだけ。

「生ぜず、滅せず」、その境地を垣間見る。

|

« 子供の心を打つ、親の働く姿 | Main | 夏休みの宿題、人生の宿題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子供の心を打つ、親の働く姿 | Main | 夏休みの宿題、人生の宿題 »