« 永遠不滅の数字、「9」 | Main | ゴーギャンが憧れた南太平洋のようなシーン »

May 19, 2010

ジャズ雑誌に私の姿、"横浜カフェじかん"

昨日は、アラブからの代表団を案内して顧客周りの一日だった。帰りに、行きつけのジャズ喫茶に立ち寄り帰宅。

そこで、何と私がジャズ喫茶のお客の姿で、最近出たジャズ雑誌に、載っていることを教えられびっくり。

コンビニで売られていると云う、「横浜カフェじかん」(2011年判・\945)と云う雑誌に、白楽駅前のジャズ喫茶で、店のカウウンターの中で立って、山本剛さんのピアノに聴き入る私の写真も掲載されていることを教えられた。

ちょっとうつむき加減でジャズを聴く私の姿が、確かに写っていて、ちょっと嬉しかった。早速コピーして、弟や姉妹に送ろうと思った。

山本剛さんのピアノは、映画"追憶"のテーマなどが特に好きで、ロバート・レッドフォード、バーバラ・ストライサンド などの映画を想い出す。ジャズは私の人生の友。

|

« 永遠不滅の数字、「9」 | Main | ゴーギャンが憧れた南太平洋のようなシーン »

Comments

山本剛

「ミスティ」を高校のときにお世話になった先生に貸してもらって聞きました。

今度入手して聞きなおします。

Posted by: のほほん | May 23, 2010 at 10:34 AM

のほほんさん、山本剛さんの「ミステイー」も、そのジャズ喫茶のライブの時、聴きました。

ミステイーもいいですねー。小さなジャズ喫茶ですが、山本剛さんの時は、近所のお風呂屋さんから補助椅子を借りたり、店が一杯になります。当日、私も座れなくて、カウンターで立ったまま、ジャズを聴きました。

Posted by: life-artist | May 23, 2010 at 08:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 永遠不滅の数字、「9」 | Main | ゴーギャンが憧れた南太平洋のようなシーン »