« 1989年バグダッドの朝の散歩 | Main | ギャグの夢、意味不明? »

April 17, 2010

知らない街、心は自由自在

先日、我孫子・手賀沼をサイクリングしている時、全てが初めて見る光景に、ちょっと想像の遊びをして楽しんだ。

私が見ている、この情景は、1970年と思ってみた。土も空も、道も草花も、家々も、全部、それは1970年当時の情景と勘違いして試た。電話すると、まだ両親は生きている。

年代は何時でも、自由自在。1980年でも好い。

自分のことは、鏡を見ない限り、変化は、さしてわからない。

実際に、時空を越えて、好きな年代に、ポツンと自分が舞い降りるていると思って、周りの光景を見ると、それは楽しい。

知らない街は、そのような想像の旅へも誘ってくれる。

変わらない自分が、色々な人生の情景を楽しんでいる。

|

« 1989年バグダッドの朝の散歩 | Main | ギャグの夢、意味不明? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 1989年バグダッドの朝の散歩 | Main | ギャグの夢、意味不明? »