« 別世界を知ること、即ち自分への執着の放棄 | Main | 1989年バグダッドの朝の散歩 »

April 15, 2010

ラジオ体操の歌、テレビ体操、前向きの象徴

「♪新しい朝が来た。希望の朝だ・・・♪」、ラジオ体操の歌って、何とも前向きで、清々しくなる。文部省的、NHK的なセンスが、寧ろ何とも云えない素朴な魅力がある。私は、今でも、何となく口ずさめる。

昔、夏休みの頃、近所の公園で、ラジオ体操の通帳にハンコをもらっていた子供達の情景を想い出す。

私は、最近、毎朝自分の部屋で、6時半からのNHKテレビ体操をやることを心がけている。

どんな一日が待っていようとも、泣いても笑っても、毎日の日課を続ける力は、精神を強くすると云う。それは、修業と同じ。禅に通じるものがある。

「♪それ、いち、にー、さん♪」、"ラジオ体操の歌"は、やはり、田舎っぽいが、純朴な魅力がある。つい微笑んでしまう。

|

« 別世界を知ること、即ち自分への執着の放棄 | Main | 1989年バグダッドの朝の散歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 別世界を知ること、即ち自分への執着の放棄 | Main | 1989年バグダッドの朝の散歩 »