« 子供新聞、大人新聞、じーさん新聞 | Main | 芥川龍之介、「蜘蛛の糸」の結末の示唆 »

April 23, 2010

荘厳な朝食

毎朝、朝食を食べる時、私は、質素であればあるほど、気合いが入って好い気持ちになる。

ご飯、梅干、納豆、大根おろし、たまに鯵の開き、海草のスープなど。

私は、毎朝、自分でさっさと、自分の朝食は用意する。

質素であっても、その質素さが、何か修業の一環に想えて、気持ちが引き締まる。

質素であればあるほど、自分が立派な人になれるような気がして、ちょっと嬉しい気にもなる。

質素は、宇宙と調和してるのだろう。

|

« 子供新聞、大人新聞、じーさん新聞 | Main | 芥川龍之介、「蜘蛛の糸」の結末の示唆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子供新聞、大人新聞、じーさん新聞 | Main | 芥川龍之介、「蜘蛛の糸」の結末の示唆 »