« 印象・気分の尖鋭化が芸術 | Main | 笑顔の冷たさ、悲しみの優しさ »

April 08, 2010

10代カード、20代カード、選択自由

例えば、10代カード、20代カードなど、自分の人生が10年毎に区切られていて、その体験順番は選択自由だとすれば、これは面白い。

トランプのカードを勝手にきるように、例えば、40代カードを体験後、10代カードなんて、バラバラに人生を体験したら、どんなにか滑稽で面白いことか。

その、人生の年代カードをきってる主体は、年代に関わり無い自分。年代を超越した、永遠なる変わらない自分。

10代、20代と、順番にカードをきって行く人生も、これも面白い。それぞれの、年代の、何とも云えない面白さがある。決して、若ければ良いってもんでもない。

変わらない主体が、それぞれの年代を演じる自分の役者振りを見ている。そして、その役者振りに声援を送ってみると好い。"鳴駒屋ー"とか。

|

« 印象・気分の尖鋭化が芸術 | Main | 笑顔の冷たさ、悲しみの優しさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 印象・気分の尖鋭化が芸術 | Main | 笑顔の冷たさ、悲しみの優しさ »