« 大極とは、ヨーガとは | Main | 「お早うございません」 »

March 17, 2010

6歳のエレナの手紙

神谷町の交差点の書店の店頭で、何気なく目に止まった本がある。

6歳のエレナは、亡くなる前に、沢山の手紙を隠していた。「パパ、ママ、あいしてる」エレナが残したメッセージ。

そんな紹介の本だった。

エレナが本棚など、家のあちこちに、たくさん隠していた、あどけない絵手紙が、エレナの写真と共に載せてあった。それは両親や妹に愛を伝えるものであった。手紙は死後2年以上たった今も、時折、見つかると云う。

あどけない字、「パパ、ママ、あいしてる」、そして人形や草木の絵。6歳で脳腫瘍で逝った、愛くるしい女の子。

彼女は、神の化身だと確信した。本のページをめくる度に、私は神の姿を見る思いがする。

|

« 大極とは、ヨーガとは | Main | 「お早うございません」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大極とは、ヨーガとは | Main | 「お早うございません」 »