« マスタードの様な花 | Main | 6歳のエレナの手紙 »

March 16, 2010

大極とは、ヨーガとは

止観(しかん)とは、見るものが全て、見る人の心の作用に惑わされず、本来の状態にとどまること。

心はカルマ(業)。心の作用を止滅(しめつ)することがヨーガ。「見つつ、見ず」、「かくの如くに、それを見ず」の境地。

外は一なる世界。内に差異が生まれる。多様性は、心(カルマ)による曇り。名称と形態無き、永遠にして安らいでいる世界がある。本来、単純にして美しい世界。一なる世界がある。

太極拳の大極とは、「外に出ない、内に入らない」世界。陰陽二力の作用が調和する世界。プラス・マイナス・ゼロの世界。

住職は、坐禅でも好し、太極拳からでも好し、行き着くところの境地は同じと云う。

そして、住職は、「消滅に遊ぶ」境地と云う言葉で、修業の勢いを説いた。「消滅に遊ぶ」、感動して、参ったと思った。

|

« マスタードの様な花 | Main | 6歳のエレナの手紙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マスタードの様な花 | Main | 6歳のエレナの手紙 »