« "人生の師"とは、 | Main | エコ・クラッシャー対エコ・ガインダー »

March 28, 2010

6歳のエレナの手紙の啓示

脳腫瘍で逝ったアメリカの6歳の女の子エレナが、家の本棚とか、あちこちに隠していた両親・妹への愛の絵手紙の感動を、数日前(3/17)のブログで紹介した。

そして今朝、私は不図思った。人は、この様な手紙を無意識に、色々な人から受け取って、日々生きているように感じた。それらの手紙は、隠されていて、気づかれることなく終わることもある。

でも、時に人はそれを発見して感動する。自然の風景に、エレナの手紙が隠されていたり、何気ない人との会話の中に隠されていたり。

エレナの手紙は、確かに、誰しも発見出来る訳ではない。自分の心の曇りを、拭き取れば、拭き取るほど、発見出来るものだと想う。

|

« "人生の師"とは、 | Main | エコ・クラッシャー対エコ・ガインダー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "人生の師"とは、 | Main | エコ・クラッシャー対エコ・ガインダー »