« 二人三脚の限界 | Main | 混ぜご飯人生 »

February 17, 2010

地球が浮いていることの不思議

余り意識はしなく、深く考えたことの無いことに、「地球は何故落ちないのか?落ちるとしたら、何処に落ちるのか?」と云う命題がある。何度か、この話を、住職から聴き、答えに窮し、深刻に、苦笑した。

虚空世界に浮いている地球を想像して、神秘に包まれる。

地球が、浮いていることの不思議さ。

その地球に、へばりついてる人間の可愛さ、滑稽さ。やはり、人生は、面白い存在。

|

« 二人三脚の限界 | Main | 混ぜご飯人生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 二人三脚の限界 | Main | 混ぜご飯人生 »