« 「人生で何をを残すか?」など考えず、 | Main | 端っこから世界を見る境地、 »

February 13, 2010

地味なジャケットの想い出

私が高校3年の頃、母とジャケットを買いに、大牟田の四山(よつやま)と云う所にバス(西鉄バス)で行ったことを想い出す。

とても地味な色だったが、ジャケットを着ることが大人っぽく感じ、嬉しかった。

でも、そのジャケットは、全く、とても地味だったなー。

「炭鉱の街、大牟田の四山、高校生と母と連れ立って、初めてのジャケットを買い物に行く」か。

"想い出の人生の情景"ではないかと、時々回想する。

|

« 「人生で何をを残すか?」など考えず、 | Main | 端っこから世界を見る境地、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「人生で何をを残すか?」など考えず、 | Main | 端っこから世界を見る境地、 »