« 拡大と縮小は自由 | Main | としょかん、紙芝居の貸出し »

February 21, 2010

池の水を澄ませるようなもの、坐禅

昨日の住職の言葉のメモを読み返す。

坐禅は、何かをやると云ったものではない。池の水を、そーっと澄ませるようなこと。無色透明になること。水が澄めば、見えてくるものが違う。

生きながら、開放される境地を、「大死」(だいし)と云う。両手でぶら下がっている松の木の枝から、右手も離し、そして、左手も離してしまう気概・勢いを、「大死」と云う。ぶら下がっている松の木は「エゴ」と云う自分。

一緒に住職の話を聴いてた人が、雑談の中で、自分が感動した言葉を披露してくれた。「あると豊かになる。無いと安心する。」

昨日は、そんなことを考える日であった。

|

« 拡大と縮小は自由 | Main | としょかん、紙芝居の貸出し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 拡大と縮小は自由 | Main | としょかん、紙芝居の貸出し »