« 池の水を澄ませるようなもの、坐禅 | Main | 多少の不幸、質素の効用 »

February 22, 2010

としょかん、紙芝居の貸出し

昨日昼、東神奈川の横浜市立図書館に、借りた本を返しに行った。また、新しくアラビア語や健康、ビジネスなどの本6冊を借りた。

「ようこそ、としょかんへ」と、ひらがなで、子供達向けのパンフレットが置いてあるのに、気づき、「としょかん」と云うひらがなが、妙に、私をメルヘンの世界へ導いた。

そうだ、娘が幼児の頃、武蔵小杉のアパートの近くの中原図書館へよく行ったものだ。紙芝居を借り、家へ持って帰り、家で紙芝居を読んだっけ。図書館に入ると、娘はすぐ、子供図書のコーナーに、駆け出していた。

図書館の入り口横には、小さな池があって、赤い鯉が泳いでいた。


|

« 池の水を澄ませるようなもの、坐禅 | Main | 多少の不幸、質素の効用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 池の水を澄ませるようなもの、坐禅 | Main | 多少の不幸、質素の効用 »