« 韓国に中華料理屋は無い? | Main | 地球が浮いていることの不思議 »

February 16, 2010

二人三脚の限界

二人三脚の息がピッタリあってとか、運動会で、二人三脚の実際の様子を何度か見た事がある。

だが、如何に二人で、二人三脚で息をピッタリ合わせて走っても、一人で走るのとは、月とスッポンくらい全然自然さの度合いが違う。

人間関係に於いても、二人三脚の様にと云う表現をよく耳にするが、私は、二人三脚をやる時の、緊張やぎこちなさは、自然な動きとは、かけ離れている様に思う。

やはり、一人を楽しむ気持ちがあって、たまに限界を知りつつ、二人三脚を楽しむ位の気持ちが大切だと思う。誰かと、ピッタリ息が合うように過大な期待を夢見て生きるのは、大人の考えではないと思う。

|

« 韓国に中華料理屋は無い? | Main | 地球が浮いていることの不思議 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 韓国に中華料理屋は無い? | Main | 地球が浮いていることの不思議 »