« 最後まで残る聴覚の想い出、母との別れ | Main | 今朝、シンガポールから帰国 »

February 06, 2010

10歳年下の弟の凄さ

10歳年下の弟だが、凄いと思った。母が亡くなる数日前に、病院から、母を抱いて、自宅へ連れ返って来た時。

母に、自宅で死なせて上げようと思って、制止する病院側を抑えて、タクシーで、意識の無い、母を抱いて連れかえった。弟は、母の死を悟ったから、毅然として、母を自宅へ連れて返って来た。

当時、私は、仕事では自信のある、会社では働き盛り・分別盛りの副部長であった。しかし、このような、大切な、母への優しい行動が、出来たであろうかと、弟が、とても偉く思えた。

母から、私よりも、もっと可愛がってもらったであろう弟が、母の死を目前に悟った時の行動は、もはや覚悟が出来ていた。その時の弟は、神々しかった。10歳も年下の弟なのに。

|

« 最後まで残る聴覚の想い出、母との別れ | Main | 今朝、シンガポールから帰国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最後まで残る聴覚の想い出、母との別れ | Main | 今朝、シンガポールから帰国 »