« 修業の意味 | Main | 子供が、ただ食べる様子だけで嬉しいと云う気持ち »

January 24, 2010

遠慮の美学

「遠慮」って言葉には、自分の欲を品格で抑えるようなイメージがある。

ちょっと寂しさを感じながらも、うつむきかげんに、「もう、いいんです。」と云う抑制。

何故、このような、生き方に、人間としての美を感じてしまうのだろう。

それは、「貪欲」の対極にあるからなのだろうか。

|

« 修業の意味 | Main | 子供が、ただ食べる様子だけで嬉しいと云う気持ち »

Comments

こんばんは。
遠慮。。
いいですね。
私は、聡明とか品格、奥ゆかしい・・・。
そんな方を想像してしまいます。

私は女性ですが、大人しいけれど、勇気があって凛とした人。

きっと、今の世の中は、どんな風に生きていっていいのか、わからない人が多くなってしまったのでしょうね。

自分も含めてですが(笑)

Posted by: ひまわり | January 24, 2010 at 08:40 PM

ひまわりさん、ところで、「東京物語」とか名作を作った、小津監督の映画は、抑えの芸術と云う解説を聞きました。

抑えることで、寧ろ表現する芸術は、日本の美って感じですね。

どんな風に生きるかって、私がもし聞かれたら、「時折、感動で自分が消えてしまうような人生を送りたい」と、今なら答えます。それは宇宙と一体化している瞬間。

自分をどれだけ消せるかが、穏かで安らぎの人生への道のりだと思っております。

Posted by: life-artist | January 24, 2010 at 10:29 PM

小津監督。。
独特な美意識もある監督として知られてますね。
監督の映画にでていらっしゃる女優さん達。
まさしく遠慮深くて品性があって優雅で凛としてますね。

言葉も美しく・・・

今、この時代に、足りないものばかりのような気がします。
私も、美しい言葉に心がけることから挑戦してみようかしら。

そして、ずっと幸せを感じていける、たった一つの方法があるとしたら、感謝の心を忘れないことだそうです(本の抜粋)

そんなことを思いながら、人生歩いて行くのもいいかなあとも思えるのですが。

Posted by: ひまわり | January 28, 2010 at 07:27 PM

ひまわりさん、確かに、感謝の念は、人格を高め、幸せのもとだと、私も思います。

私は、毎日、お経のように、5000回位、「有難う」とつぶやくなど、日課にしたら、いいなーと考えたりしています。

感謝のもとは、懺悔と云うことも住職から聴きました。懺悔により、自分の権利意識が、すっかり飛んでしまって、感謝へ行き着くのだと思います。

Posted by: life-artist | January 29, 2010 at 06:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 修業の意味 | Main | 子供が、ただ食べる様子だけで嬉しいと云う気持ち »