« 韓国の祭日、3月1日 | Main | 歴史の一場面の臨場感 »

January 14, 2010

それぞれの勘違い、錯覚の芸術

大人から子供を見れば、子供達は何かにとらわれ、何か勘違い、錯覚して見ているようで、それが子供っぽく、可愛くも思える。

宇宙から見れば、それぞれの成人した大人も、そんな子供達と同じような勘違い、錯覚に生きているのだと思う。

人間の五感がその勘違いのもと。それぞれの勘違いが、それぞれの人生の模様を創り出している。

人生は、勘違いの芸術なのではないか。そう思うと、それぞれの勘違いの模様を楽しめる。

|

« 韓国の祭日、3月1日 | Main | 歴史の一場面の臨場感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 韓国の祭日、3月1日 | Main | 歴史の一場面の臨場感 »