« 酢の効いたチャーハンの想い出 | Main | 「社会的包摂」、人との精神的な繋がりの志向 »

January 27, 2010

元バックパッカーさん達からの近況メール

昨年秋、娘と4人で、六本木でカラオケを楽しんだ英国のバックパッカー女性から、無事、英国帰国報告のメールが昨日、届いた。9月にインドで会って、11月に六本木で会って、今、やっと本国へ帰国、これから仕事の社会に入ると云う。早速、その時に撮った写真を送らなきゃと想い出した。

また、昨日は、偶然もう一つ海外からの嬉しいメールが届いた。ノルウェーの友人の娘さんが、今、会社を半年休んで、ニュージランドとか諸国の山々を旅している写真をメールで送って来た。彼女は2006年春来日時、小田原の妹の家、名古屋のいとこの家に、短いホームステイに案内し、楽しい旅を一緒にした。

二人からのメールは、早速、私の娘にも今朝、転送した。

何だか、こんな、メールのやり取りが、世界とつながっていて、そして、同時に娘の友達と話していて、嬉しく想う。

|

« 酢の効いたチャーハンの想い出 | Main | 「社会的包摂」、人との精神的な繋がりの志向 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 酢の効いたチャーハンの想い出 | Main | 「社会的包摂」、人との精神的な繋がりの志向 »