« 所有される不幸も、所有する不幸も同じ | Main | 病める医師達への驚き、そして会社帰りの気分転換 »

December 16, 2009

怒りのリトマス試験紙

怒りにも、単に自分の思い通りにならない身勝手な醜い怒りと、稀ではあるが、相手への心からの愛情、相手への救済から生じる怒りがある。

「救済から生じる怒りは、次の瞬間に怒りは消えている」と、住職は云った。

怒りが、長く、引きずるのは、自分の救済のための怒り、身体を害する怒り。そのような怒りは、他からも醜く見え、心を打つことは無い。説得力も無い。

政治家、官僚の怒りの応酬は、共に収まりの付かない、自分のための怒りにも見える。

救済の怒りは、考えてる時間が無い動物的反射の、清々しい怒りだと思う。怒られた方もすぐ、自分のための怒りなら愛情と直感出来る。

|

« 所有される不幸も、所有する不幸も同じ | Main | 病める医師達への驚き、そして会社帰りの気分転換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 所有される不幸も、所有する不幸も同じ | Main | 病める医師達への驚き、そして会社帰りの気分転換 »