« 感覚の惑わし、大海は見えず | Main | 怒りのリトマス試験紙 »

December 15, 2009

所有される不幸も、所有する不幸も同じ

他に所有されるような奴隷のような存在は辛い。身勝手な人の言いなりにならねばならぬ時、とても辛く感じる。

所有する方も、所有することは、気楽では無い。心は軽くはならない。所有する側も、ビクビクして心は穏かでは無い。

所有を主張することは、宇宙の理に反しているように思う。所有は不自然で、危なっかしく、醜い。

「所有せず、所有もされず」、唯、坦々と存在する。これが、穏かな、満ち足りた人生の極意だと思う。

|

« 感覚の惑わし、大海は見えず | Main | 怒りのリトマス試験紙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 感覚の惑わし、大海は見えず | Main | 怒りのリトマス試験紙 »