« 1日100円で預けられていた弟 | Main | 雨の中、万騎が原・古戦場 »

November 14, 2009

ドキュメンタリー「泣きながら生きて」

昨日、会社帰りに、六角橋商店街の小さな質素な会館で、「泣きながら生きて」と云うある中国人家族のドキュメンタリ-を約50人の地元の人達と見た。2006年のフジTV放映のドキュメンタリーに感動した大学生の熱意が、このドキュメンタリーを映画になったのだと云う。11月28日から新宿バルトでロードショーが始まるという。

私は、この中国人の親子の、夫婦の、貧しさと運命とに立ち向かう、健気な清らかな目に、こんなに美しい人生もあるのかと心打たれた。東京で15年もの出稼ぎの夫、上海で縫製の仕事で働きずめの妻、教育を受けられなかった自分達が1人娘の進学に託した夢は、自分はどうなってもいい、この子にだけは十分な教育を受けさせたいと云う、希望だった。

米国留学へ旅立つ18歳の娘さんが、8年ぶりの再会に、24時間のトランジットで成田へ立ち寄った時、1人つぶやいた言葉を想い出す。泣きながら、「私は知っています。どんなにお父さんが私のことを愛しているか」。

親子が8年振りに再会した日暮里駅のホーム、その後、夫婦が13年ぶりで再会した日暮里駅のホーム。私は、その日暮里駅のホームを自分が訪れた時、たぶん涙するだろう。京成電車が成田駅駅に近づいた時、親子の別れ、夫婦の別れのシーンを想い出し涙するだろう。

|

« 1日100円で預けられていた弟 | Main | 雨の中、万騎が原・古戦場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 1日100円で預けられていた弟 | Main | 雨の中、万騎が原・古戦場 »