« 人間の三毒の原因 | Main | 英国人バックパッカーとのカラオケ計画 »

November 17, 2009

万物に自分の生命を感ずる境涯

食べることの出来なくなった病人が、食べられなくなったことを神に嘆いた。

その時、神は云ったと云う。「お前は、人の口を借りて、食べているではないか」と。

この言葉に、私は大きな衝撃を受けた。宇宙が一体であることを思った。

ヴィーベカナンダの師、ラーマクリシナが病み、尊敬するカーリー神に問うた時の答えだったと云う。住職から、最近聴き、その意味することの深さに感動した。

例えば、牛が草を食べるのを見て、自分の生命を感じる境涯。一本の草木を見て、自分の生命を感じる境涯。"生ぜず、滅せずの世界"を感じる。

|

« 人間の三毒の原因 | Main | 英国人バックパッカーとのカラオケ計画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人間の三毒の原因 | Main | 英国人バックパッカーとのカラオケ計画 »