« 韓国の車の地味な色について | Main | 禅の思想と、「星の王子様」 »

November 27, 2009

日本史の2大重要転換点、応仁の乱&元禄文化

数日前に東京シテイーガイドの企画で、上野の東京都美術館で、「江戸の出版文化」と云う講演を、清泉女子大の佐伯孝弘先生から聴いた。

これまでの日本の歴史の中で、1467年から7年間、京都を焼け野が原にした"応仁の乱"が、日本の制度のハード面を根本から変えた最大のイベントであったとの話に驚いた。鎌倉時代の武士社会と江戸時代の武士社会とは、全く違う。鎌倉時代は、まだ荘園が残っていて、武士も公家も荘園を持ち、共に大勢力として゛緊張状態を保っていた。応仁の乱を境に、地方の荘園の管理者(豪族)が、京都の戦乱で、本家を喪ったことを幸いに、荘園をのっとり、全国で乱立、戦国時代へ突入して行った。日本の制度その物が、断絶的に実質的に変化してしまった。

元禄文化(1688-1704)は、江戸時代の儒教思想の導入・普及政策で、鎌倉仏教の来世での幸せを願う"憂世"から、現世の幸せを語る"浮世"の価値観に、日本人の人生観を大きく変えた。儒教は来世を扱わない、今世のみ扱う。元禄文化は、今世を肯定する、生命力溢れる文化であった。応仁の乱は日本のハード面(制度面)を変え、元禄文化は、日本のソフト面(精神面)を根本から変えた。

これは、日本史が、とてもスッキリする解説で、小さな驚きでもあった。

|

« 韓国の車の地味な色について | Main | 禅の思想と、「星の王子様」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 韓国の車の地味な色について | Main | 禅の思想と、「星の王子様」 »