« 今日から韓国出張 | Main | 心残り »

November 20, 2009

子供達の世界の想像

全ての人を、全ての大人も、みんな小ちゃな幼い子供達と思うと、世界観が一変する。

何か、その一生懸命さに、健気さに感動したり、また哀れにも想われたりする。

何か、人体の60兆の、夫々の細胞のようにも、有り難くも見えてくる。

大人と思うから、憎たらしくも見えたりするが、ちっちゃな幼子と思えば、憎たらしさや、イヤ味は消える。

みんな、夫々の役を演じ、役割を果たしている存在かも知れない。

|

« 今日から韓国出張 | Main | 心残り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日から韓国出張 | Main | 心残り »