« 因縁において、無我なり | Main | 2009年・横浜ジャズプロームナードの頃、 »

October 11, 2009

波動と粒子、生死問題への示唆

宇宙一杯の波動に放出されることが死。その波動のエネルギーが凝縮して、粒子になることが生。私は、このイメージが大好きになった。

虚空世界のエネルギーが、波動を生み、波動が、時に摩擦を起こして、粒子に変わり、またいずれ波動に返って行くことの繰り返し。

「生ぜず、滅せず」の意味が、分かる。

「生きているようで、死んでいる」、「死んでいるようで、生きている」ことが、波動の存在を感じれば分かる。波動は目に見えないから死んでいるようなもの。その波動が、物質的な目に見える粒子を生みだす。そしてまた、波動に返って行く。波動も粒子も同じもの。

人は、死して波動を残す。どのような色の波動を残すかが、人生の選択。波動になり、粒子になり、ただ続いている。

|

« 因縁において、無我なり | Main | 2009年・横浜ジャズプロームナードの頃、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 因縁において、無我なり | Main | 2009年・横浜ジャズプロームナードの頃、 »