« 早稲田の街の感傷 | Main | 中南米の調べ、そして詩、マリオ鈴木さん »

October 04, 2009

「あるべきように、ある」境地

執着が無くなれば、ものが、ものごとが、「あるべきようにある」ように見えると云う。

土も石もダイヤモンドも同じように、あるべきようにある。幸も、不幸も、ただあるべきようにある。存在を差別しない境地。

執着とは欲のこと。変化するものに、執着するのは辛いこと。全ては変化する。

「永遠なるもの」なら執着しても好い。そして、「永遠なるもの」は、執着から解き放たれた時にしか見えない。

全ては、「あるべきようにある」、何と心地よい響きであることか。

|

« 早稲田の街の感傷 | Main | 中南米の調べ、そして詩、マリオ鈴木さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 早稲田の街の感傷 | Main | 中南米の調べ、そして詩、マリオ鈴木さん »