« 想い出になる東京案内の予感 | Main | 阿佐ヶ谷ジャズストリート2009 »

October 24, 2009

「他人のままで、そばにいて」

新宿の哲学カフェで時々お会いする、作詞家の方が、歌で、「他人のままで、そばにいて」と云う題名の歌詞を書かれたことを、ご本人から聞いた。

「他人のままで、そばにいて」と云う心理は、私は、何故か、素晴らしい表現だなーと想った。

"引っ付き過ぎず、離れ過ぎず"、と云う人間関係は、理想的な人間関係のようにも思える。1日の6万もの想念が去来すると云う、夫々の人間には、一定の距離感覚が無いと、精神の安定は保てないと思う。

肉親のような近い人と、まるっきり縁の無い他人との、中間に属する人間関係に、「他人ではあるが、そばにいて欲しい人」と云う感覚の人がいることは、何か素晴らしい、人間の感情を表しているように思う。

"他人"と云う響きが、"そばにいて"と云う響きに打ち消されながら、人の繋がりの切なさと喜びのミックスしたような、何とも云えない味わいを出している。そんな言葉に出遭ったことを想い出す。

|

« 想い出になる東京案内の予感 | Main | 阿佐ヶ谷ジャズストリート2009 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 想い出になる東京案内の予感 | Main | 阿佐ヶ谷ジャズストリート2009 »