« 思い通りにならなくても楽な境地、 | Main | 早稲田の街の感傷 »

October 02, 2009

ピーナツの袋、旅の想い出、

娘とインドへ旅した時、飛行機の機内でおつまみに出されたピーナツの袋を、私は、捨てずに、そーっと持ち帰った。

そのピーナツの袋をみると、長く飛行機に乗って、娘と旅したことを想い出す。機内の隣の席に座っていた娘のことを、想い出す。

こんな、小さな、ゴミのようなピーナツの袋が、私にとっての旅の想い出にもなる。将来も、ずーっと、このピーナツの袋をみると想い出す。

私だけにしか価値の無い、大切な想い出の品。

|

« 思い通りにならなくても楽な境地、 | Main | 早稲田の街の感傷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 思い通りにならなくても楽な境地、 | Main | 早稲田の街の感傷 »