« 仏像の表情 | Main | 人間が生きていたいと思う条件とは何か »

October 07, 2009

気功のもたらす感覚、大安心

気功をやっていたら、不思議な体感を感じた。

身体を通る気の道を感じると、何か身体が、スカスカの、密度の粗い物体のように感じて、結局、虚空世界に漂うような自分の存在を感じた。

それは、一人の人間の身体は小さいながらも、宇宙と一体化した存在であると云う感覚。

座禅で得られる境地と、似ている境地。大安心なる境地。

|

« 仏像の表情 | Main | 人間が生きていたいと思う条件とは何か »

Comments

 気功をなさっているのですね。驚きです。太極拳などもされているのですか?
 東京では台風の影響がなくてよかったですね。
 明日はいつもより早起きしますsun

Posted by: Okada | October 08, 2009 at 11:59 PM

Okada san :座禅で到達する境地と太極拳から到達する境地は同じと云います。共に、一元の、永遠にして安らいでいる世界、単純にして美しい世界と云います。

富士山に登る道がいくつかあるように。気功も、太極拳も、その道だと感じます。私は、最近ちょっと、関心を深めているところです。

Posted by: life-artist | October 09, 2009 at 06:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 仏像の表情 | Main | 人間が生きていたいと思う条件とは何か »