« 意外な発ガン物質の生成を防ぐビタミンC | Main | 想い出になる東京案内の予感 »

October 22, 2009

芸術家と云う病い

芸術家に対して、これでもか、これでもかと思うほど、人間の煩悩・執着を描いて、何になると、私は思うことがある。それだけ、バランスを欠いて、生きて、さぞ苦しかろうと思う。

人の持つ煩悩・執着も、バランスを保ってさえいれば、本能として、生きて行くために役立つもの。

相対立する煩悩・執着を、均衡したシーソーのように保っていないと、偏った煩悩・執着は、苦しみの度合いを増していく。自然界は均衡を保とうとする。極端は、均衡に帰ろうとする。

一つの偏った煩悩を、描き尽くしても、それは病的でしかないと思う。

|

« 意外な発ガン物質の生成を防ぐビタミンC | Main | 想い出になる東京案内の予感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 意外な発ガン物質の生成を防ぐビタミンC | Main | 想い出になる東京案内の予感 »