« 阿佐ヶ谷ジャズストリート2009 | Main | 「学ぶ冒険」、安藤忠雄さん、養老猛さんの言葉に感動 »

October 26, 2009

自然科学としての言語、酒井邦嘉氏講演

昨日、Hippo Club の行事で、初めて東大駒場へ行った。そこで、初めて、酒井先生の「言語の脳科学」の講演を聴いた。

言葉を自然科学ととらえる考え方が、とても興味惹かれた。母語として獲得したものは、大人が作ったものでは無い。赤ちゃんが作った自然なものと云う考えが好い。「言語に規則があるのは、人間が言語を規則的に作ったためではなく、言語が自然法則に従っているためだ。」と云うのが圧巻。

彼は、物理学、生理学、心理学、哲学など数々の学問に魅せられて、言語学に辿りついている。

「全く違うように見えることの間に、共通性を見出すことに究極の(探求の)醍醐味がある。」と彼は云った。彼は、禅の修業の行き着く世界と同じものを、感じているのではと思った。

私にとって、自然科学としての言語への興味が拓けた。

|

« 阿佐ヶ谷ジャズストリート2009 | Main | 「学ぶ冒険」、安藤忠雄さん、養老猛さんの言葉に感動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 阿佐ヶ谷ジャズストリート2009 | Main | 「学ぶ冒険」、安藤忠雄さん、養老猛さんの言葉に感動 »