« 母の失笑の想い出 | Main | 小さな善行の愉しみ、木枯紋次郎みたいに »

September 04, 2009

「算数・国語・理科・体育」、小学生の響き

明日の予定と言って、「算数・国語・理科・体育」など、つぶやいてみると愉しい。脳裏に、ランドセルも浮んで来る。

学校へ歩いて通った道も想い出す。教科書のにおい。いいなー。

明日の時間割を、適当に想像してみると、また愉しい。「国語・算数・図工・社会」。

今なら、当時の人生は、おとぎ話の世界の中にいたように感じる。メダカの学校だったんじゃないか?とか。

待てよ、今のひと時も、将来、おとぎ話のような世界に感じるかもしれない。


|

« 母の失笑の想い出 | Main | 小さな善行の愉しみ、木枯紋次郎みたいに »

Comments

Life artist様

 こんばんは。確かに、小学校のころは懐かしいです。あのときの私は、今の自分のことを想像できなかったでしょう。
 
>待てよ、今のひと時も、将来、おとぎ話のような世界に感じるかもしれない。

 確かにそうですね。毎日を大事にしていきたいです。

 いい週末をお過ごしください。

Posted by: Okada | September 04, 2009 at 06:28 PM

Okada san;明日、「算数・国語・社会とか」の授業があるとか勘違いしたら、愉しいと思いますよ。好い週末を。

Posted by: life-artist | September 05, 2009 at 12:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 母の失笑の想い出 | Main | 小さな善行の愉しみ、木枯紋次郎みたいに »