« 美と醜さの共存、そして神性の証明、哲学カフェにて | Main | 人間を微生物に見たてる愉しみ »

August 13, 2009

蝉の残業

最近、蝉が、夜遅く10時くらいでも鳴いているのに、ちょっと驚いた。

地上へ出てわずか1~2週間の命だから、時を惜しんで鳴いているのだろうかと思った。その間、子孫を残さなくてならないと云う本能で、時を惜しんで、活動しているのだろうかと思った。余命1週間の命を思った。

また、残業している蝉みたいに思って、かわいそうになったり、けな気で愛おしくも感じた。

地球にちょっと、ホームステイをしに来た旅人が、休む時間も惜しんで、そのひと時を味わっているようにも思えた。

朝になると、蝉がよく、道路の上に、仰向けに、堂々と死んでいる姿も見つける。彼等は、役目を果たし、また素晴らしいホームステイをして、逝ってくれたのだろうかと思う。蝉の一途な生き方や、潔さに感動する。

今朝も、夏らしい蝉の声を聴きながら、一日が始まる。

|

« 美と醜さの共存、そして神性の証明、哲学カフェにて | Main | 人間を微生物に見たてる愉しみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 美と醜さの共存、そして神性の証明、哲学カフェにて | Main | 人間を微生物に見たてる愉しみ »